かほる歯科クリニック

矯正歯科治療 -健康な体と美しい笑顔を取り戻す治療-

矯正歯科
矯正治療は、「歯並び」や「噛み合わせ」を治すだけではなく、食べ物をよくかめるようにすること、良い発音ができるようにすることを目的としています。
歯並びや噛みあわせの異常を「不正咬合」といいます。不正咬合の要因は様々で、遺伝のほか、指しゃぶり、鼻の病気などによってもおこります。不正咬合は生命にかかわる病気ではありませんが、そのままですと見た目の悪さだけでなく、その種類や状態によって色々な問題がおきてきます。
子供の頃はあまり不自由を感じませんが、大人になって身体の抵抗力が衰えて来ると、長い間の無理がたたり歯や歯ぐきが急速にだめになったり、歯並びやかみ合わせが更に悪くなったりします。
当医院の矯正治療は、最新の治療を、細心の心くばりで、矯正学会専門認定医が施行しています。
  • 矯正治療は年齢と関係ありません。
  • 矯正治療は、自分の歯で審美的で機能的な噛み合わせをつくることができる、唯一の方法です。
    ご自分の歯できれいになってみませんか?
  • 近年、ワイヤーなどの材料が発達してきたため、昔よりも治療期間が短くなっています。
    そして、歯の動く痛みもかなり軽減しています。

担当医紹介

林 隆之
患者様がご納得し、喜んでいただける治療を常に目指しています。

日本矯正歯科学会 認定医
日本顎咬合学会 認定医
東京女子医大 研究医
医療法人社団 集美会
歯科・矯正歯科 林歯科室 院長
全国約20件の歯科医院矯正顧問

矯正装置の種類には何があるの?

メタルタイプ
メタルタイプ -安価で高い効果が得られます!-
もっとも一般的な矯正装置です。金属で出来ているので丈夫です。最近では、装置自体が小さくなっているので、目立たなくなっています。安価で高い効果が得られます。
クリアタイプ
クリアタイプ -歯になじんで、目立ちにくい!-
ワイヤーは金属ですが、ブラケット部がホワイトで、歯になじみ通常のメタルタイプよりも目立ちにくくなっています。ワイヤー部はメタルタイプと同様のため、同じく高い効果が期待できます。

「不正咬合」と「顎関節症」の関係

「不正咬合」と「顎関節症」の関係
歯並びが悪いとかみ合わせの不都合が生じます。不正咬合は歯やあごに負担をかけ、顎関節症を引き起こします。
顎関節症には、あご周辺の筋肉痛、あご関節の痛みや不快感、口を開けるときにコキッと音がして、耳のあたりまで痛くなる、あごが痛くて口を開けないなどの症状のほか、首や手足にまで痛みをともなうことがあります。
歯並びが悪いのは美容上の問題だけでなく、口腔衛生と重大な関係を持っています。

矯正歯科治療 Q & A

矯正する年齢はいつ頃が良いですか?

特に決まった年齢はありません。最近では中高年の患者さんも多くいらっしゃいます。気になった時に歯科医師に相談していただければと思います。

歯を抜くことがありますか?

はい。どうしても歯がきれいに並ぶのに必要なスペースがない場合には、歯を抜くことがあります。

治療期間と費用は?

患者さんそれぞれ歯並びは違いますので、決まった期間はありませんが、一般的には1~3年位です。
費用は装置の種類等で変わってきますので、歯科医師にご相談下さい。ただし費用は保険適応ではありません。
オンライン診療予約はこちらから